滝風イオンメディックで空間除菌・ウィルス対策!嫌な臭いの強度とは?

嫌な臭いがすると、人は不快に感じます。とくに臭いが発生しやすい飲食店では、臭いに気をつけお客様が不快な思いをしないよう対策を施しましょう。

こちらでは、嫌な臭いのレベルを測るために使われる強度のレベルと、嫌な臭いを装置で取り除く方法を、空間除菌が可能な滝風イオンメディックを販売する、アップドラフト東北がご紹介します。

嫌な臭いには強度がある!

The unpleasant odor has strength

嫌な臭いでも、それほど強くなければ我慢できたり、次第に慣れたりするのですが、強くなればなるにつれて、不快度もアップします。

臭いの共通単位はないため主に、機械で測定する「成分濃度表示法」、人間の嗅覚を利用した「嗅覚測定法」を取り数値化しています。

ここでは嗅覚測定法の、臭気強度表示法と快・不快度表示法について解説いたします。

臭気強度表示法

人の嗅覚を用いて、臭気の強さを数値化します。現在日本では6段階の臭気強度表示法の一つである以下の表現が使われています。

  • 0: 無臭
  • 1: やっと感知できる臭い
  • 2: 何の臭いであるかわかる弱い臭い
  • 3: 楽に感知できる臭い
  • 4: 強い臭い
  • 5: 強烈な臭い

快・不快度表示法

臭いの快と不快の程度を表示するための方法です。日本では、9段階で表現されています。

  • - 4: 極端に不快
  • - 3: 非常に不快
  • - 2: 不快
  • - 1: やや不快
  • 0: 快でも不快でもない
  • + 1: やや快
  • + 2: 快
  • + 3: 非常に快
  • + 4: 極端に快

嗅覚測定法は個人差が出るため、補助的データとして使われています。

空間除菌をすることで、気になる臭い対策が可能です。また、空気中には見えない雑菌が無数に浮遊しており、日ごろから様々な菌やウィルスの対策も必要です。アップドラフト東北が販売している滝風イオンメディックは、マイナスイオンによる空間除菌ができます。イオン発生機を超えた「医療用物質生成器」(平成15年9月26日経済産業省認定)ですので、ぜひお使いください。空気を清潔に保ち、嫌な臭い対策もできる滝風イオンメディックを活用して素敵な空間を演出しましょう。

嫌な臭いを装置で取り除く方法

How to get rid of unpleasant odors

嫌な臭いを装置で取り除く場合、臭いの強さや油煙の量で選ぶべき脱臭装置が異なります。

  • 臭いが強くはっきり臭う、油煙の量が多い:油煙除去装置+脱臭装置
  • 臭いはかすかに臭う程度で、油煙の量が多い:油煙除去装置
  • 臭いが強くはっきり臭う、油煙の量が少ない:脱臭装置
  • 臭いはかすかに臭う程度で油煙の量が少ない:脱臭装置(消・脱臭剤法等)

すでに脱臭装置がある場合は、清掃やメンテナンスをきちんと行い、装置が働くようにしましょう。

新しく脱臭装置を設置する場合、もしくは既存の脱臭装置では不十分と判断した場合は、上記でご説明した臭いの強さや油煙の量に従った装置を選んでください。

また、油煙を多く含む場合は、防火にも気をつける必要があります。メンテナンスのことも考慮しながら、適切な装置を選びましょう。

滝風イオンメディックは、空間除菌が可能なマイナスイオン生成器です。マイナスイオンを発生させることで空気中に漂う臭いの原因を吸着し、消臭してくれる働きがあります。医療用としても使われているほどの実力です。臭いやウィルス対策に、空間除菌ができる滝風イオンメディックをぜひご使用ください。

臭い・ウィルス対策をお考えの方へ!空間除菌に役立つ医療用物質生成器・滝風イオンメディック

消臭には様々な方法がありますが、やっていても意味がないものを続けていても対策にはなりません。どんな臭いがどれぐらいの強度であるのかを把握したうえで、適切な消臭を行いましょう。

滝風イオンメディックは、マイナスイオンを発生させて空間除菌が可能なマイナスイオン生成器です。ウィルス対策として医療用でも使われるほどの実力があります。空間除菌を行い、嫌な臭いが気になる空間をスピーディーに消臭してくれます。気になる臭い対策には、空間除菌が可能な滝風イオンメディックをご使用ください。

空間除菌できる滝風イオンメディックは、医療用物質生成器としてウィルス対策にも役立ちます!

販売店 アップドラフト東北
電話番号 022-291-4850
電話受付時間 平日 9:00~15:00 (祝・祭日はお休みを頂いております)
ホームページURL https://www.updraft-tohoku.jp/
Loading...