マイナスイオン発生器での空間除菌がおすすめ!喘息の割合・重症度 医療用物質生成器の滝風イオンメディック

喘息のつらい症状を招く原因となるのが空気中の細菌やウィルスです。喘息は1度かかるとなかなか治らないといわれていますが、症状が出ない日々が長く続けば、何も心配することなく毎日を過ごせるでしょう。

こちらでは、喘息の人の割合と喘息の重症度を、空間除菌ができるマイナスイオン発生器を販売する、アップドラフト東北がご紹介します。

喘息の人の割合は成人20~30人に1人

The percentage

喘息は、現代人に増えている病気です。

1960年代は子供・大人ともに1%前後でしたが、厚生労働省が行った平成16年度国民生活基礎調査では子供が6%、大人が3%と倍以上になっていることがわかります。[注1]

[注1]厚生労働省:平成16年 国民生活基礎調査

喘息は子供の病気というイメージがあるのですが、実は中高年の発症も増加しています。成人後の患者数は60~70代がピークで、成人の20~30人に1人は喘息持ちという計算になるでしょう。

喘息は、いつ誰が発症してもおかしくない病気なのです。

喘息の方の気道は炎症により敏感になっていて、わずかな刺激でも発作がおこります。その誘因にはダニやほこりなども含まれます。喘息の発作を防ぐためには、日ごろからお部屋を隅々まで清潔にしておくことが大切です。

アップドラフト東北が販売している滝風イオンメディックは、平成15年9月26日に経済産業省認定を受けた医療用物質生成器です。空間除菌することで、お部屋を快適な空間にします。

また、浮遊しているインフルエンザウィルスの除去試験では、作動後15分で減少値を示すなど、驚異的な結果も出ているマイナスイオン発生器です。

お部屋の空気を清潔にしたいのであれば、ぜひ医療用物質生成器である滝風イオンメディックをご利用ください。お部屋をリラックス空間にしたい方にもおすすめです。

喘息の重症度は4段階

喘息重症度は、4段階に分けられています。

軽症間欠型

喘息の症状は週に1回程度のみ、軽度の症状で持続せず、夜間症状は月に2回ほどです。

軽症持続型

喘息の症状が週に1回以上あるものの毎日ではなく、月に1回以上は症状によって日常生活が妨げられます。また、夜間症状が月に2回ほど出ます。

中等症持続型

喘息の症状が毎日出ており、日常生活や睡眠が妨げられ、しばしば憎悪するという特徴があります。夜間症状も週1回ほど現れます。

重症持続型

症状は毎日あり、日常生活に制限が出るほどの強い症状が出ることも多いです。また症状はしばしば憎悪し、夜間症状も頻繁に現れます。

軽症と重症では症状が異なるため、治療法も異なります。医師の指示に従って適切な治療を行いながら、喘息とうまく付き合っていきましょう。また、普段の生活でも新鮮な空気を吸うように心がけることが大切です。

アップドラフト東北が販売する滝風イオンメディックは、マイナスイオン発生器です。滝つぼの2,000倍ものマイナスイオンを放出することで空間除菌ができます。

滝風イオンメディックは、医療用物質生成器として経済産業省から認定を受けているおすすめのマイナスイオン発生器です。

マイナスイオンのパワーで空間除菌をするなら、ぜひ滝風イオンメディックをご利用ください。

空気清浄におすすめ!医療用物質生成器として認定を受けたマイナスイオン発生器の滝風イオンメディック

Recommended for air purification

喘息は、1度症状が出ると簡単に治るものではありません。放置しておくと悪化していくおそれがあるため、適切な治療を受ける必要があります。

薬による治療を受けながら、発作を引き起こすといわれる物質を排除し清潔な住まいを保つことが大切です。

滝風イオンメディックは、マイナスイオンを発生させて空間除菌ができるアイテムです。医療用としてもおすすめされており、マイナスイオン量は一般的な滝つぼの2,000倍です。

空間除菌ができるマイナスイオン発生器をお探しなら、ぜひ滝風イオンメディックをご使用ください。

空間除菌できるマイナスイオン発生器をお探しなら、医療用物質生成器の滝風イオンメディックがおすすめです!

販売店 アップドラフト東北
電話番号 022-291-4850
電話受付時間 平日 9:00~15:00 (祝・祭日はお休みを頂いております)
ホームページURL https://www.updraft-tohoku.jp/
Loading...