マイナスイオン発生器のおすすめの選び方!脱臭の働きが期待できるマイナスイオン発生器

部屋の臭い対策というと、消臭剤や脱臭剤を置く、空気清浄機を使うなどの方法があります。消臭剤は香りで臭いをごまかすタイプと臭いを包み込んで取り除くタイプがあり、脱臭剤は炭などに吸着させることで臭いを緩和します。また、空気清浄機はフィルターを通すことで臭いを抑えます。

脱臭をお考えなら、空気清浄機の他にマイナスイオン発生器の使用もおすすめです。マイナスイオン発生器は、空気中に放出したマイナスイオンによって臭いを低減することが期待できます。

発売されているマイナスイオン発生器は多数あり、どの製品が良いのか迷うかもしれません。マイナスイオンの発生の仕方と費用面での選び方を解説しますので、ぜひ参考にしてください。

マイナスイオン発生器の選び方!イオンの進行方向をチェック

芝生の上にある多くの矢印

マイナスイオン発生器から空気中に放出されるマイナスイオンは、発生器から遠ざかるほどイオンの数が少なくなります。そのため、いくらマイナスイオンの発生量が多くても、まっすぐ飛ばないような製品だと、発生器周辺の空気中にしかマイナスイオンはありません。

一般的には発生器からの距離が2倍になれば、イオンの量は4分の1になると言われています。発生器から何cmの距離でマイナスイオンは何個と表記している製品であれば、その数値を目安に部屋の端までマイナスイオンが届くか計算可能です。

表記のない製品は、吹き出し口を見て、参考にすることができます。吹き出し口の方向がまっすぐだと遠くまで届きやすく、横に広がるような吹き出し口は、遠くに届きにくい傾向にあります。

マイナスイオン発生器の選び方!イオンの広がり方をチェック

マイナスイオン発生器を使用する場合、遠くまでマイナスイオンを放出できた方が広い範囲にイオンが行き渡ります。そのため製品選びでは、どこまでまっすぐイオンが飛ぶのかと併せて、どの範囲まで広がるのかも重要です。

どれぐらいマイナスイオンが広がって空気中に放出されるかは、最大適用空間が1つの目安になります。また、発生器から周囲へのマイナスイオン分布データも参考になります。データとして確認できれば、自分の部屋でどこまでマイナスイオンが届くかがわかります。

マイナスイオン発生器の選び方!費用面

マイナスイオン発生器を使う上で気になるのは電気代です。近年の製品は省エネ設計になっているので、1ヶ月使っても数十円しかかからない製品も見られます。ホームページの製品情報から月々かかる電気代の目安を確認してみましょう。

フィルターを搭載しているマイナスイオン発生器は、フィルター交換が定期的に必要のため、フィルター代金がかかります。そのため、フィルターのないタイプの製品の方が経済的と言えるでしょう。フィルターがないタイプは、お手入れも楽になるのでおすすめです。

滝風イオンメディックはノンフィルターのためフィルター交換の必要がなく、電気代も1日約3円、1ヶ月計算でたった90円程度です。24時間365日連続使用が可能です。

マイナスイオン発生量も多く脱臭の働きも期待できます。滝風イオンメディックが気になる方は、アップドラフト東北までお問い合わせください。

脱臭の働きを期待するならマイナスイオン発生器がおすすめ!

バラバラの方向を向く矢印

マイナスイオン発生器はいくつも製品があり、製品ごとに放出範囲や広がり方に違いがあります。部屋全体にマイナスイオンを行き渡らせるなら、まっすぐ遠くまで飛び、広い範囲に放出できる消臭効果の高い製品が理想的です。

また、長く使いたい場合は費用面のことも考えましょう。電気代、フィルター交換などにかかるランニングコストも合わせて比較することをおすすめします。

滝風イオンメディックはマイナスイオンの発生量が多く、メンテナンスも不要なのでランニングコストも抑えることができます。アップドラフト東北は、滝風イオンメディック販売店唯一の中古認定品取扱店ですので、完全メンテナンスされた製品をご購入いただけます。中古品は動作が不安という方も安心してお買い求めください。

マイナスイオン発生器を選ぶならアップドラフト東北

販売店 アップドラフト東北
電話番号 022-291-4850
電話受付時間 平日 9:00~15:00 (祝・祭日はお休みを頂いております)
ホームページURL https://www.updraft-tohoku.jp/
Loading...